EDIX 参加してきました

※画像は大阪観光局(https://osaka-info.jp/spot/intex-osaka/)様から引用しました。

皆さんこんにちは!
ブログ担当のまっちゃんです(抹茶スイーツ大好き)。
エーアスクールで取扱いの製品とは遠からず近からずのブログを担当させていただきます。
この時期は抹茶スイーツがたくさんお店に並んでいてワクワクが止まりませんね((o(*゚ω゚*)o))


さて、インテックス大阪で今日まで開催されていたEDIX大阪に行ってきました。
教育に関する展示会でして、毎年2回、東京・大阪で開催されています。
教材だけでなく、教育に関するサービスなどもたくさん紹介されています。
5月の東京開催では出展側でしたので、ゆっくり見て回る時間は有意義なものとなりました。


私含め、来場者の視線は、『情報1』の教材に注がれている印象でした。
それに関連した教材もたくさんあって、わかりやすい内容・運用しやすいシステムなど、
開発の皆様の工夫が随所に見られました。
弊社の教材でも利用できそうなアイデアがありましたので、ブラッシュアップがんばります!

他にも、マインクラフトを利用したプログラミング教材や、
AIを利用したマインドマップの作成ツールなど。
気になったものをいくつか(勝手に)紹介させていただきますね!


・イー・ラーニング研究所(子ども未来キャリア)様の「テーブルゲーム教材」
https://force-academy.jp/kodomo-mirai-career
生徒さんそれぞれにプレイヤーカードを配り、各々のプレイヤーが持つ要望をかなえる施設を、マップに作っていくテーブルゲーム。
マップの中で利用できるポイントの上限・各施設を作るために必要なポイントが設定されていて、
そのポイントの中で、できるだけ多くのプレイヤーの要望をかなえられるように、
「この施設はこの人の要望もかなえられるんじゃないかな?」と
みんなで話し合う協力型ゲーム とのことでした。

今後、人間の仕事が機械に奪われたとしても、絶対に必要になる、
「言語化能力」「聞く力」「発想力」を楽しく養える素敵なゲームでした。
高学年や中高生向けに、資産形成や投資シミュレーションゲームにもアレンジされているようです。
私の学生時代にも、こういうのがあったらな~~~!!(笑)



・TD SYNNEX様の「Chrome OS Flex」
https://blog.synnex.co.jp/google/chrome-os-flex/
古くなったPCのOSをChrome OSに交換するサービス。
パソコン一式買換えとなると、かなり大変な出費になりますが、
OSを交換するだけなら比較的安価にできる とのことです。
Chrome OSでUnityのような本格ゲーム制作のための開発エンジンは今のところ動かせません……(´;ω;`)
が、クロームブックでも利用できる教材はいろんな企業さんが出していらっしゃるので、ご参考程度に!
Chrome OS向けアプリ、たくさんあって本当に便利ですよね!



・Wonder Share様の「エドラマインド」
https://www.edrawsoft.com/jp/edrawmind/
マインドマップ作成ツールですが、AIを利用して「こういうアイデアもあるよ」と教えてくれるそうです!
「Unity教材」について実際に動くところを拝見したのですが、
開発について詳しい人の視点、広報について詳しい人の視点、生徒さんの視点、など
様々な立場からの意見が生成されるので、ブレーンストーミングが捗るのが目に見えるようでした……!
AI出力したマップは人間の手で追記などもできるそうで、
人間と機械、手に手を取って仲良く仕事ができる未来はそう遠くないように思えます!



・KEC Miriz様の「プロクラ」
https://www.programming-cloud.com/
マインクラフトを利用したプログラミング教材ですが、ワールドがほんっと~~~~~~にすごい。壮観です。
なんと、プロのマインクラフター・タツナミシュウイチさんがワールドを作っていらっしゃるとのことで、
教室の体験会で見せてもらったら、もう、こんなの、テンション爆上がりだよな~!!と、
プロモーション映像を見ながら静かにワクワクしておりました。
今プログラミング教育受ける生徒さん、ほんとにうらやましい~~~!!!



以上、まっちゃんのEDIX関西レポートでした。
他にも魅力的な教材・サービスを発見しましたら(勝手に)紹介させていただければと思います。
どうぞよろしくお願いします!